Pocket

松本潤さん主演の大ヒットドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』シーズン2が、再びTBSの日曜劇場に帰ってきますね!

放送日時は2018年1月14日(日)夜9時からスタート。初回は25分拡大スペシャルで放送されます。

前作で松本潤さん演じる深山と名コンビだった佐田を演じるのは、もちろん香川照之さんです。

シーズン2のあらすじも気になるところですが、シーズン1をまだ見ていない方や見逃してしまったという方のために、シーズン1のあらすじについてもう一度振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

『99.9 -刑事専門弁護士-』(シーズン1)最終回ネタバレ



2016年4月に放送された『99.9-刑事専門弁護士-』のシーズン1の最終回のあらすじについて少し紹介しますね。

99.9%有罪が確定しても0.1%の事実を徹底的に追及する弁護士・深山大翔。

そんな深山は、最終回で父親の事件と酷似した事件を担当することになります。

その事件とは・・・連続殺人事件の容疑者として逮捕された石川の弁護の担当。

彼は、毛髪と血痕が殺害現場に残っていたことから逮捕されました。

そして取り調べでも彼は犯行を認めていたのでした。

しかし、実際は検察からの執拗な取り調べが毎日続き、意識が朦朧としている中でサインをしてしまい・・・。

その不自然な状況を疑問に思い、深山たちチームは一丸となってこの事件の調査を始めます。

事件を調べていく中で、深山は不自然な点に気づきます。

強盗が目的だとしたら、被害者は逃げるはずだが、実際は被害者は心臓を正面から刺されていたのです。

その矛盾点から、犯人と被害者は知り合いだったのではと推測をするのでした。

そんな中、第1回目の公判が開始。

そこで、佐田たち弁護側は駅ビルの防犯カメラを提出します。

この映像で石川のアリバイを証明することに成功しましたが、なんと、検察側が犯行時刻の幅を広げたことでアリバイの証明が覆されてしまうのでした。

深山は、父親の事件でも同じように犯行時刻の操作があった事を突き止め、絶対にこの裁判を勝ち取ることを深く心に誓い・・・。

その後、深山たちチームは少しずつ事件の真相にたどり着いていきます。

そして、ついに真犯人を見つけることに成功!石川は晴れて無罪となり、真犯人は警察に逮捕されました。

最後に、深山は天敵である大友検事正と対峙!

そして「僕は事実だけを信じてあなたの前に立ち続ける!」と彼に告げるのでした。



シーズン1はこのようなかたちで終了しました。

最終的には深山の父親の事件については明らかになることはありませんでしたね。

はたして、シーズン2ではこのあたりについても明らかになっていくのでしょうか。

『99.9 -刑事専門弁護士-』気になるシーズン2のあらすじネタバレ

いよいよシーズン2の放送開始が近づいてきました。なんと初回は25分拡大スペシャルとなるそうで、その内容が気になるところですね。

そこで、ネタバレしない程度にあらすじをご紹介しますね。

刑事事件を専門に扱うちょっと型破りな弁護士・深山大翔。彼は今も班目法律事務所の刑事事件専門ルームで働いていました。

そんなマイペースな深山のおかげで、刑事事件専門ルームの室長がなかなか決まらず所長の班目晴彦は困っていました。

そこで、再び民事の仕事に戻っていた佐田篤弘に声をかけてみますが断られてしまいます。

しかし、後任が決まるまでの期限つきという条件で渋々佐田を納得させるのでした。

そんなチームにある殺人事件の弁護依頼が入ります。依頼人は加害者の娘・鈴木加代。

沢村ファイナンスの社長が殺害された事件で、鈴木は彼に借金をしていたことから容疑者として逮捕されてしまったというのです。

娘の加代と一緒に親友の尾崎舞子が付き添いとしてやってきたのですが、彼女が求めているのは加代の父親を無罪にすることではなく、情状酌量をお願いしてきたのでした。

じつは、舞子は元裁判官という経歴の持ち主で、調書から判断するかぎり加代の父親は有罪だと考えていたのです。

調書を見るかぎり有罪は確定・・・。はたして深山たちはこの困難な事件の真実を明らかにして、裁判で覆すことができるのでしょうか・・・。



またしても状況は100%不利な事件の依頼が入ってきましたね~。

深山たちはこの絶体絶命な状況をどうやって解決していくのでしょうか。

どのように深山たちが残り0.1%の事実にたどり着いていくのか、今からとても楽しみですね♪

『99.9 -刑事専門弁護士-』宿敵・大友検事正とは?



『99.9-刑事専門弁護士-』で松本潤さんが演じる深山大翔の最大の宿敵である大友検事正。

彼はいったいどんな人物なのでしょうか。

大友修一(おおともしゅういち)

東京地方検察庁の検事正。

弁護士の佐田篤弘とは検察庁に務めていた頃は師弟関係にあったが、佐田があっさりと検察庁をやめてしまった事をよく思っていない。

有罪率100%を誇る名検事で、次期検事総長候補でもあるが、実際は有罪にするためならどんな手段もいとわない。

そんな大友修一を演じるのは、奥田瑛二さんです。

奥田瑛二さんは、1950年3月18日生まれ。愛知県出身です。

皆さんご存知のとおり有名な俳優さんですが、俳優の他に映画監督や画家などさまざまな顔を持ち、多くの分野で活躍をしています。

俳優として今までに多くの作品に出演をしており、良い人の役から悪い人の役まで幅広い役柄を演じ分ける演技力の高さに定評があります。

本作『99.9-刑事専門弁護士-』でも、大友修一というかなり悪い顔を持つ役どころを完璧に演じていますよね。

シーズン2のキャストの中に奥田瑛二さんの名前が挙がっていましたので、またあの大友修一に会えるようですね。

シーズン1では明かされなかった、26年前の深山の父親の事件についても解決されるのでしょうか・・・。

シーズン2では大友と深山はどのように関わっていくのか、こちらの対決についても注目して見ていきたいですね♪

その他に、シーズン1には出演していなかった新たなキャストとして、「笑福亭鶴瓶さん」の名前があがっていました。

笑福亭鶴瓶さんは、多くのテレビドラマや映画などに出演されていて、俳優としての顔をかなり高い評価を得ていますよね。

特に普段のイメージとは違い、悪役を演じることが多い印象がありますがその悪役ぶりがけっこうしっくりきているんですよね(笑)

はたして、『99.9-刑事専門弁護士-』では深山の敵となるのか味方となるのか、鶴瓶さんの役どころも要チェックですね!

以上、「『99.9 -刑事専門弁護士-』最終回のあらすじをネタバレ(シーズン1)」

という内容でお届けしました。

Pocket