Pocket

『奥様は取り扱い注意』は、2017年10月4日水曜夜10時にスタートする話題の秋ドラマです。

主演を務めるのは、綾瀬はるかさん。キュートで危険なヒロインを演じます。
今作が話題になっている要因のひとつは・・・原案・脚本を担当するのが、あの「金城一紀」さんだからです。
いったいどんなドラマになっているのか、とても興味がありますね~♪

今回は、そんなドラマ『奥様は取り扱い注意』の原作脚本について、あれこれ紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

ドラマ『奥様は取り扱い注意』の原作は?



ドラマ『奥様は取り扱い注意』に関して、原作というものは存在するのでしょうか。

調べてみましたが、今作は原作というものは存在せず、脚本家の「金城一紀」さん書き下ろしのオリジナル作品とのことです。

「金城一紀」さんファンならご存じかと思いますが、なんと今作の主人公は女性・セレブな専業主婦なんです!

今までの金城一紀さんの作品の中で、女性の主人公は登場したことがないそうなので、いったいどんな内容のドラマになっているのか、ますます興味がわいてきた人も多いのでは♪

スポンサーリンク

ドラマ『奥様は取り扱い注意』の原作・脚本を担当する金城一紀とは?



それでは、原作・脚本を担当する「金城一紀」さんとは、いったいどんな人物なのでしょうか。
過去の作品などについて、少し紹介しますね。

金城一紀さんは、1968年10月29日生まれ。小説家・脚本家です。

小説家としては、1998年『レヴォリューションNO.3』で小説現代新人賞を受賞。2000年には半自伝小説『GO』で直木賞を受賞しました。

テレビドラマの脚本として有名なのは、岡田准一さん主演の『SP 警視庁警備部警護課第四係シリーズ』

小栗旬さん主演の『BORDER』、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』

いずれの作品も大ヒットをおさめた作品ですよね!

金城一紀さんの作品といえば、骨太でアクションシーン満載のイメージがあるだけに、今作『奥様は取り扱い注意』がどんなドラマになるのかまったくイメージがわきません。

笑いあり涙ありのエンタメドラマという事なので、どんな金城ワールドを見せてくれるのか待ちきれませんね!

ドラマ『奥様は取り扱い注意』のあらすじネタバレ



ドラマ『奥様は取り扱い注意』のあらすじについて、ネタバレしない程度にご紹介します。

主人公は、ちょっとセレブな専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬はるか)。

合コンで知り合った男性と結婚し、穏やかな幸せをゲットし閑静な高級住宅街で結婚生活を送っていました。¥そんな彼女ですが、実は夫にも内緒にしていたワケありの過去が・・・。

そして、彼女の周りにいる主婦たちは、一見幸せそうに見えるものの、実は様々なトラブルを抱えているという事に気づいてしまうのでした。

菜美は持ち前の正義感の強さから、周りのトラブルを無視できず、悪いやつらを倒すべく危ない場所へと突入していく・・・。

綾瀬はるかさん演じる「伊佐山菜美」は、掃除も料理も超苦手!しかし正義感は超強く、怒らせた超凶暴!という役どころのようです。「超凶暴」ということは、綾瀬はるかさんのアクションシーンも登場してきそうですね。

ドラマ『奥様は取り扱い注意』のあらすじまとめ

今作『奥様は取り扱い注意』のあらすじをみると、金城一紀さんの今までの作風とは少し違うテイストになりそうな雰囲気ですが、予告動画を見る限りとても面白そうなドラマになりそうです♪

ホームドラマとアクションをどのように融合させていくのか楽しみですね。

そして、ほんわかした雰囲気の綾瀬はるかさんが、どんなキュートで超凶暴な主婦役を演じてくれるのか、こちらも期待大ですね!

以上、「ドラマ『奥様は取り扱い注意』の原作・脚本についてのまとめ」

という内容でお届けしました。

Pocket