Pocket

2017年10月から火曜夜9時にスタートする注目の秋ドラマ『明日の約束』。

主演を務めるのは、約2年ぶりのドラマ出演となる井上真央さん。謎の死をとげた生徒の「死の原因」を究明する、主人公の高校のスクールカウンセラー役という難しい役にチャレンジします。

久しぶりの連続ドラマ復帰となる井上真央さんも話題となっていますが、ヒューマンミステリーというそのドラマのストーリーについても、すでにネット上で騒がれています。

今回は、そんなドラマ『明日の約束』の原作に関するあれこれを、ご紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

ドラマ『明日の約束』基本情報



それではまず、ドラマ『明日の約束』の基本的な情報を簡単に紹介したいと思います。

原作は福田ますみさんの長野県の高校で起きた事件を基にした『モンスターマザー長野・丸子実業いじめ自殺事件教師たちの戦い』です。

フジテレビで火曜日の21時から放送されます。

井上真央さんや仲間由紀恵さんといった豪華なキャストが顔を揃え、現在社会でも問題になっているテーマを描いたドラマです。

スクールカウンセラーを演じる井上真央さんと、自殺した子供の母親役を演じる仲間由紀恵さんが戦いどのような結末を迎えるのかが気になるドラマです。

スポンサーリンク

ドラマ『明日の約束』あらすじを紹介



ドラマ『明日の約束』のあらすじを紹介していきますね!

主演の井上真央さ演じる藍沢日向は、学校や家庭で何か悩みを持っている生徒の心のケアとするスクールカウンセラーとして日々生徒と向き合っていました。

ですが、そんな藍沢日向自身も過干渉な母親に悩まされて育ったと言う事を誰にも相談出来ずにいたのです。

ある日、藍沢日向は男子生徒から「好きです」と告白されてしまいます。

その生徒は不登校で藍沢日向が気にかけていた男子生徒だったのです。そして、その男子生徒は翌日もっとも謎が残る死を遂げてしまいます。

男子生徒を死に追いやったのは誰なのか!?

男子生徒が亡くなってから、学校であったいじめや男子生徒の非行等、いろんな事が明るみになり、藍沢日向はさまざまなトラブルに巻き込まれていくのです。

そんなトラブルに巻き込まれてでも、男子高校生の死の原因は何なのか謎を明らかにする為に目の前の問題に立ち向かい戦っていきます。

今、いじめや毒親が深刻化する中でどのようにその問題が描かれるのか気になりますが、これがきっかけで世の中が少しでも良い方向に変わっていけばいいなと思います。

ドラマ『明日の約束』の原作は実話?



ドラマ『明日の約束』の原作は実話なのかを見ていきたいと思います。

基本情報でも少し言いましたが、このドラマは実際にあった事件を基にして書かれていますので実話ですね。

原作を読んだ事のある方は知っていると思いますが、これはネットで検索しても出てきますので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか?

実際に長野県の高校で起きた自殺事件ですが、単なるいじめが原因の自殺ではなかったと言う事が書かれていますし、調べているうちに母親が毒親であった事も判明しています。

いじめで自殺に追い込んだ学校側と遺族・母親の戦いかと思われますが、想像をはるかに超える内容が記されています。

そして、この事件に巻き込まれ心に傷を負った方もたくさんいるかと思います。

そんな大変な思いをしていた人達もいると言う事は、絶対に忘れてはいけないですよね。

ドラマ『明日の約束』原作 実際にあった?丸子実業とは?



ドラマ『明日の約束』の原作に関してはいろいろと情報が出ているようですね。

ノンフィクション作家の福田ますみさんの小説『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』が原作とも言われています。

この作品は、2005年に長野県で実際に起きた事件、一人の男子高校生が自殺した事件について書かれています。

しかし、ドラマ『明日の約束』の公式サイトでは、特に原作については発表されておらず、オリジナルヒューマンミステリーとなっています。

それでは、原作なのでは?と言われている『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」』とはどんなノンフィクション作品なのでしょうか。気になりますね~。

簡単に長野県・丸子実業についてまとめてみました。

現在は長野県丸子修学館高等学校と言う名称ですが、この名称になる前が長野県丸子実業高等学校と言う名称だったらしいです。

1912年に開校されてから、いろんな歴史を経て現在に至りますが、名称も開校から何度か変わっているみたいですね。

詳しく紹介すると長くなってしまい、読んでいてもややこしくなると思いますので略させて頂きますが、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか?

丸子実業の歴史が分かります!

ドラマ『明日の約束』見どころを紹介

ドラマ『明日の約束』の見どころを紹介します!!

このドラマの見どころは、やはり井上真央さん演じるスクールカウンセラーと仲間由紀恵さん演じる男子高校生の母親との対決でしょうか。

今では子供を持つ母親は他人事ではないモンスターペアレントとの対決は、まさに見どころ満点だと思います。

いつの頃からかは分かりませんが、学校と母親との問題が目立つようになり、モンスターペアレントが話題になりました。

教師が生徒に気を遣いすぎる為か、あまり立ち入った所まで相談に乗ったりする事がなくなったように感じます。それも親の目を気にするからこのような事になっていると思われます。

何かあれば全て学校側の責任になりますからね…。

昔の教育現場からは考えられない状況だと思いますが、時代の流れと共にいろいろ変わっていくものですね。

ドラマ『明日の約束』をきっかけに今後の教育現場や家庭、報道の在り方に変化が見られたらいいですね。

ドラマ『明日の約束』原作 ネタバレ



ドラマ『明日の約束』の原作ではないかと言われているノンフィクション作品、『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」』の内容について少しご紹介しますね。

事件が起きたのは2005年12月6日。

長野県のある高校に通っていた、当時高校一年の男子生徒が自宅で亡くなりました。

男子高校生は当時バレーボール部に所属していましたが、その部活内でいじめがあったことと、生徒が自殺の直前まで不登校の状態だったということから、いじめを苦にしての自殺と考えられました。

その後、男子生徒の母親は、いじめが自殺の原因としてバレーボール部員たちを訴えました。
この事件はニュースやワイドショーでも多く報じられ、生徒の母親が実名を名乗って取材を受け続けた事で、さらにマスコミ報道は過熱していったのでした。

そのうえ、学校側は「いじめと認識していない」という立場をとったことで、世間からひどく非難されることになってしまい・・・。

しかし、マスコミが取材を続けていく中で、男子生徒の母親に対する「虚言癖」や「ネグレクト」などの数々の裏の顔が暴かれていくのでした。そして、男子生徒自身の闇までも・・・。

「いじめを苦にしての自殺」と思われていた一人の男子高校生の死が、こんなにも多くの波紋を呼び、さらには学校崩壊寸前までに追い込まれていってしまうという現実に、とても恐ろしくなりました。
いったい加害者は誰なのか・・・と非常に考えさせられる作品だと思います。

ドラマ『明日の約束』原作ネタバレ!!結末は?



この事件は、「いじめ自殺」として、かねてから学校の責任を追及していた母親が、学校側に責任があるとして訴えたことから、大きく報道されることとなりました。

マスコミ報道もどんどん加熱する中で、人権派弁護士や県会議員、マスコミ、世間からの追求にどんどん追い詰められていく学校関係者たち。

精神的にも崩壊寸前のところまでいく中で、教師たちは真実を求めるために法廷での対決を決意したのでした。

そのことにより、裁判で明らかになっていった事実とは・・・なんと母親の異常なまでの「狂気」!

虚言癖や度重なるクレーム、そして男子生徒に対するネグレクトなど、母親の常軌を逸した行動の数々が明るみに出ることとなり、そんな母親の行動こそが、息子を死に追いやった原因だったのです。

最近では「モンスターペアレント」という言葉を多く耳にする機会がありますが、実際にこの作品を読むと、本当にこんな人がいるのか・・・と恐ろしくなりました。

さらに今回のケースでは、初期のマスコミ報道がミスリードされた事で、ここまで大きな事件になってしまったように感じます。

ドラマ『明日の約束』原作まとめ



新しく始まるドラマ『明日の約束』の内容や原作を紹介しましたがいかがでしたか?

今まさに社会で問題となっている事がドラマとして描かれているので、内容は非常に濃くなっていると思われます。

原作がノンフィクションなので、ドラマでは少しカバーされていたりするかもしれませんが、井上真央さん演じるスクールカウンセラーと仲間由紀恵さん演じるモンスターペアレントの母親がどのようにして、戦い現在の社会でも問題になっている事柄に向き合っていくのか見物ですね。

原作での内容をドラマ『明日の約束』ではどの様に演出して行くのか?そしてこのような異様な事態に直面した時の教師たちの苦悩や、毅然とした闘いぶりをキャスト陣たちがどのように演じていってくれるのか、今からとても楽しみですね♪

以上、ドラマ『明日の約束』の原作とあらすじネタバレまとめ!知りたい情報はこちらから!をお送りしました。

Pocket